SNSで広告

案内をする

アナログからデジタルへ

集客の方法は時代とともに変化してきました。集客するにあたって、一番重要なのは周知すること、そして認知してもらうことです。以前から利用されているものとして、いわゆるビラ配りやポスティングなどがあります。また、店舗などの場合は店頭の呼び込みなどもあります。続いて登場してきたのが、クローバーと言われる手法です。これはポスティングに似ていますが、実際に自宅等に訪問して、対面でチラシを渡す方法で、集客率が高いとされています。最近ではSNS等で一斉に告知、周知する方法が広く利用されています。この方法は、不特定多数に一瞬にして周知ができる事が強みです。時代によって方法は変わってきましたが、集客に大事な根本の部分は変わりません。

これからの集客はどうなるか

先ほどお話ししたとおり、SNS等が最近では一番利用されていますが、今後もこういったインターネットコンテンツを利用した集客の方法の利用は拡大していくものと考えられます。理由としては、SNS自体の利用者が爆発的に拡大している事です。最近では選挙などの公報にも利用されるなど、使われ方も変わってきています。また、既存のSNS以外のコンテンツも新たに登場するものと考えられます。SNSを利用する世代も拡大するでしょう。現在では比較的若年世代の利用が多いですが、高齢者なども利用のしやすいものが登場するのではないでしょうか。時代によって変わる集客方法。集客はあくまでビジネスの入口です。本当に大事なのは魅力のある商品やサービスを提供する事です。